ジム初心者必見!スポーツジムで用意すべき持ち物とは?

スポーツジムに行ったことがない場合、いったい何を用意すればよいのだろうと悩む人もいることでしょう。運動するのだからトレーニングウェアが必要であることは容易に想像できますが、ウェアといってもいろいろとありますし、あれこれ考え出したら難しくなってきますよね。

そこで今回は、スポーツジム初心者におすすめの基本的な持ち物や便利アイテムをご紹介します。

トレーニングウェア

ずばり結論からいうと、トレーニングウェアは何でもよいです。学校の校則のように厳しいきまりは設けていませんので、自分の好きなものをチョイスして問題ありません。とはいえ、他のジム会員の方がどんな服装で運動をしているのか、気になりますよね。

ジムの館内は一年を通して空調の管理がされているので、半袖にハーフパンツの人が多いです。半袖のTシャツは、日常着ているような普通の綿素材の人もいれば、スポーツブランドのものを愛用している人もいます。運動して汗を大量にかくことを考慮するなら、綿素材のTシャツよりも吸汗性・速乾性に優れている機能性Tシャツを選んだほうが快適に過ごせますよ。

男性の場合は、Tシャツではなくタンクトップを着ている人もよく目にします。しかし、体型がストレートに出てしまうので、ある程度トレーニングの成果が出てから挑戦したほうがよいともいえます。ぷよぷよの腕を人前にさらすのは、勇気が必要なのではないでしょうか。

女性は特に、二の腕を気にしている人も多いので、タンクトップ率は少ないようです。半袖のTシャツをチョイスする場合も、ぴちっとしたサイズよりも比較的余裕のある大きめのサイズを選んだほうが、二の腕を隠せますし体のラインも目立ちません。

ボトムスは、ロングパンツよりもハーフパンツのほうが運動しやすく、汗をかいても快適です。しかし、足が見えるのは恥ずかしいという人も少なくありません。ロングパンツを選ぶのであれば、Tシャツと同じく吸汗性・速乾性に優れたものにして、伸縮性もあるものにするとよいでしょう。

または、ハーフパンツの下にスポーツタイツを履くのもおすすめです。スポーツタイツには着圧加工が施されており、疲労軽減や関節のサポート、パフォーマンスの向上などに役立ちます。黒のスポーツタイツなら、足がほっそりと見えて着やせ効果も抜群です。

女性は、冷えに敏感な人もいますよね。半袖のTシャツだけでは心配という場合は、上から羽織れるパーカーを用意しておくとよいですよ。運動量の少ない日や、空調の効きすぎているときなどは、パーカーを着たままエクササイズするのもありです。

スポーツブランドのものにこだわらないのなら、シンプルなパーカーは安い価格で手に入りますよね。ジム用にわざわざ購入しなくても、普段着にしているパーカーでも大丈夫です。パーカーを上に羽織ってジムまでやって来て、運動中はパーカーを脱ぐという人も多いです。

室内用のシューズ

スポーツジムの館内は、土足厳禁のところがほとんどです。ですから、ジムに履いてきたスニーカーを、そのままトレーニングでも履く行為は禁止されています。室内用のシューズを必ず用意しましょう。そして、理想はジム用のフィットネスシューズです。

普通のスニーカーは、日常生活やファッション性を前提に設計されているため、クッションが薄めでジムでの運動には適していません。一方、フィットネスシューズは室内の運動用に特別に設計されており、クッション性が高く長時間の運動でも脚への負担が抑えられます。

また、普通のシューズよりも滑りにくくなっています。フィットネスシューズを購入する際は、店舗で一度試し履きをしてからにしましょう。シューズを選ぶポイントは、履き心地がよく、クッションの厚いものです。そして、ジャストサイズではなく、幅に若干の余裕があるものを選ぶとよいでしょう。

スポーツジムによっては、「室内では靴底が白系でなくてはならない」という決まりがあるところも稀にあります。床が黒く汚れることを防ぐためで、自分の通うジムにそういった決まりがあるかどうか事前に確認しておくと安心ですね。

汗拭き用のタオル

激しいトレーニングをしたら汗だくになることもあります。すぐに汗を拭けるように、トレーニングルームに入る際はタオルを持っていきましょう。そこまで汗をかかないという人なら、運動中に邪魔にならないミニタオルをポケットに忍ばせておいてもよいですね。

トレーニングが終わったら、シャワーを浴びてから帰宅する人も多いです。シャワーを浴びる予定なら、大きめのタオルやバスタオルも持参する必要があります。

また、チャック付きポリ袋を用意しておくと、濡れたタオルを入れて持ち帰るのに便利です。

タオルにもこだわるのであれば、速乾性・吸水性に優れているスポーツ用の速乾ドライタオルがおすすめです。さらには、速乾性・吸水性に加え、冷感機能が備わっている多機能タオルもあります。特殊な素材を使用することによって、冷たい感触のする不思議なタオルです。

トレーニングで温まった体をこのタオルで拭けば、ひんやりとしてスッキリするかもしれませんね。

水分補給を忘れずに!

運動時の水分補給におすすめなのは、スポーツドリンクです。スポーツドリンクには、運動中に失われる水分・塩分・糖質が含まれています。体液のミネラル濃度を一定に保とうとする働きが体にはあり、塩分の含まれていない真水で水分補給をしても、細胞レベルではなかなか吸収されないのです。

また、一度に大量の水分をとってしまうと、胃にたまってトレーニングに影響を及ぼす恐れもありますので、こまめに少しずつ水分補給することが大切です。ペットボトルに入れて持参する人も多いのですが、水筒(マイボトル)があると便利ですよ。

適度な温度を保てるので、ステンレス製の保冷機能つき水筒がおすすめです。ワンタッチオープンで、キャップを開けて直接口をつけて飲むタイプが使いやすいです。

保冷機能が必要ないのなら、おしゃれなクリアボトルが軽くて持ち運びもしやすいですよ。

ワイヤレスイヤホン

Bluetooth対応のワイヤレスイヤホンがあれば、好きな音楽を聴きながらエクササイズができます。

ランニングマシンや筋力トレーニングなど、単調に感じやすい運動でも、音楽を聴くことでモチベーションを維持することができるでしょう。

スポーツ仕様のイヤホンなら、動いてもずれにくく邪魔になる心配もありません。また、スポーツジムに通っていると、知らない会員から話しかけられることもあります。そんなときにイヤホンをしていれば、話しかけられることがないので、一人で黙々とトレーニングに励みたいという人にもおすすめです。